新潟県上越市で測量設計・海洋調査・補償業務・地理情報システム開発を行っている会社です

深浅測量の画期的なナローマルチビーム測深器とは

深浅測量の画期的なナローマルチビーム測深器とは



1.ナローマルチビーム測深機の特徴

1) 水深の3.4倍の横幅で高密度な測深が可能
2) RTK-GPSによる測位を採用
3) 音速度と舟の動揺の補正を実施
4) 小型舟に艤装可能(水中重量5kg)
5) レンジ分解能6mmという高精度
6) 測深状況をリアルタイムに表示できる
7) 測深とサイドスキャンの同時収録も可能


2.従来の手法との違い


従来の手法との違い


3.測深データの違い


測深データの違い


4.成果応用例


成果応用例


5.利用例

・ 水路測量
・ ダム、湖沼測量
・ 河川測量
・ 埋め立て施工管理
・ 海底電力、電話線、パイプラインの検査
・ 海底電力、電話線、パイプラインのルート検索
・ 水中工事
・ パイプラインの埋め戻し作業
・ 沈埋トンネル施工管理

6.応用例

・ ダムの排水部調査
・ ダム、湖沼内側の堆積調査
・ 海、河川の砂利採集に関する調査
・ 防波堤の崩壊調査(災害調査)
・ 水中考古学調査等
・ 橋脚等、構造物の調査

7.業務実績

 糸魚川地域振興局 糸魚川災害状況確認調査

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional